ADSP 上海亞渡禮品有限公司
検品業務 現地生産管理サポート 倉庫業務
上海を中心とし、広東省、内モンゴル、福建省、南通、義烏 new! にも出張拠点を持つ検品センター。 雑貨・アパレルの検品、
生産管理、貿易まで、あらゆるパートでの対応が可能です。日本支社 new! も開設し、日本決済や、生産管理総合提案も可能です。


検品の流れとよくあるご質問

検品の流れ

お見積もり
商品、数量、時期、ご希望の検品内容、納入形態、包装の有無などお知らせください。本ホームページ上のお見積りフォームからもご依頼いただけます。画像、サンプルなどご提供いただけますとより正確にお見積りできます。
 
検品正式受注
検品内容・スケジュールの確認に入ります。商品仕様書、良品・不良品・限度見本などのほかに、弊社所定の検品内容確認書を提出していただきます。
 
入庫
入荷数量確認、包装資材の入荷確認
 
検品開始
打ち合わせ済みの基準に従って検品開始、判断に迷うような微妙なものについては写真、メール、MSN、SKYPE、電話でお客様と確認します。
 
出庫
コンテナ詰めまたはトラック配送
 
検品報告提出
原則として検品当日に提出いたします。


よくあるご質問

Q1、 どんなものが検品可能ですか。
検品員の作業風景A1、タオル、毛布、バッグなどの縫製品以外に、文具、玩具、食器、ガラス製品、カーグッズ、計算機・時計などの小型電子機器、洋服、靴、スリッパなどの実績があります。どんな商品でも一度ご相談ください!
リンク:検品実績ページ
Q2、 全数検品、抜き取り検品、出張検品それぞれのメリットデメリットを教えてください。
A2、一番品質を保証しやすいのは全数検品です。検品員がひとつずつチェックしますから、確実に良品と不良品を分けることができます。デメリットは、検品数が多くなりますのでどうしても費用がかかります。しかしそれでも日本国内での検品費用と較べると非常に安価ですから、可能な場合は全数検品をお勧めします。
抜き取り検品は一定の割合を決めて(通常は3〜10%)全体から抜き取って検品します。時間がない時、あるいは数量が非常に多いときには便利な方法です。この方法でも深刻な問題の発見は可能ですが、一部しかチェックしないため、一つ一つの商品に問題がないことを保証することはできません。
出張検品は、工場が遠い、または壊れやすい商品など上海までの配送が困難な時に便利です。生産途中で検品することによって問題の早期発見も可能です。ただし、大人数の派遣は現実的ではありませんから全数検品は難しく、原則として抜き取り検品になります。また工場の環境は自社検品場の環境と違いますから、清潔さ、照明の暗さなどが検品作業の質を低下させることも考えられます。
Q3、 検品基準はどのように決められますか。
検品のポイントA3、検品開始前にお客様と検品基準の打ち合わせをいたします。チェックポイントなどはできるだけ細かくお知らせください。検品開始後に判断に迷うような微妙なものがあった場合、写真、メール、MSN、SKYPE、電話でお客様と確認します。
Q4、 検品報告の書式はどのようなものですか。
報告書などA4、商品によって項目は違ってきますが、原則として検品数量、良品数量のほかに、不良品の内容を汚れ、傷、印刷不良、機能不良、サイズ違い、検針不良などに分けて報告いたします。
お客様所定の書式がある場合その書式への記入も可能です。
Q5、 検品後の荷物を保管していただくことは可能でしょうか。
A5、可能です。約2,000uの倉庫スペースを備えていますので、たとえば検品後の商品を半分出荷、半分保管して1−2ヵ月後に出荷といったことも可能です。保管料は検品終了後一週間後から、1uあたりの費用で請求させていただきます。
Q6、 出張検品の際、日本人QCと中国人QCの派遣ではどのような違いがありますか。
検品の様子A6、弊社中国人QCも普段から日本向け商品を扱っており、日本基準は熟知しています。よって検品の基準、手順は同じですが、日本人のほうがコミュニケーションの点で安心と感じておられるお客様もおられるようです。中国人QC派遣の場合も、連絡は日本人スタッフがフォローします。
Q7、 カートンや化粧箱などの包装資材の手配も可能ですか。
A7、可能ですが原則としてお客様に手配をお願いしています。弊社で準備する場合実費を請求させていただきます。
Q8、 見学は可能ですか。
A8、歓迎しております。数日前までにお知らせください。
Q9、 支払方法について教えてください。
A9、日本での決済をご希望される場合、弊社日本営業事務所から請求させていただきます。指定口座に日本円でお振込みください。
人民元決済も可能です。弊社指定口座にお振込みください。
原則として毎月20日締め、請求後一ヶ月以内のお支払いをお願いしていますが、特にご要望おありの場合はご相談ください。
Q10、 万一クレームがあった場合の対応はどのようなものですか。
A10、検品後の商品に問題があった場合、二週間以内のお申し出をお願いしております。
補償については協議の上対応いたしますが、検品費用の金額以上は補償しかねますのでご了承ください。

お問い合わせ




Copyright (C) SHANGHAI AD-SP CO.,LTD. All Rights Reserved.
上海亞渡禮品有限公司 上海市閔行区浦江鎮勤労村勤労路17号
電話:021−5433−2117 伝真:021−5433−2563
サイトマップ 個人情報保護